手帳を広げる女性

サービスの現状

イギリスで職業として始まった

探偵業というと、シャーロックホームズや金田一耕助などを思い浮かべる方も多いかも知れませんね。 シャーロックホームズが活躍したのはイギリスにおいてですが、現実にも探偵業が発展したのは、やはりイギリスだったようです。 19世紀のイギリスは産業革命による経済発展により、産業、商業が高度に発展し、鉄道網が敷かれるなど、人々の生活範囲が大きく広がっていきました。この結果、個人の能力だけでは情報収集を行うのが困難になっていった時代です。このことは探偵業の発展にも一定程度寄与しました。 社会が大きく発展した結果、取引が量的に非常に拡大すると、今までなんら接点のなかった外部者と直接取引相手になることもあります。こういった場合の情報収集の手段として、会社に探偵が雇われるようになったのです。

現代の探偵業の役割とは

現代において、探偵業は企業よりもむしろ個人が雇う時代になっています。 テレビドラマにもよく登場する浮気調査で使われるケースが非常に多くなったためです。 浮気調査を依頼するのは、これまでは主に女性でした。専業主婦でいつも家にいる女性が 旦那の素行を疑って探偵事務所に依頼をかけるということが多くなりました。 また、女性の社会進出がめざましくなった最近では、逆に男性が交際相手の素行を疑って 探偵に調査を依頼することも多くなっているようです。 先にも触れたように、社会構造が大きく変わるときに、探偵業も大きく発展しています。 ITによる高度な情報社会である昨今では、ますます探偵業の必要性が問われてくるのでは 無いかと考えられます。